営業品目

BUSINESS

銅めっき

熱伝導性、電気伝導性、展延性に優れているため主に下地めっき加工に利用されています。

用途

精密機器部品の下地、装飾器具、印刷ロール

特性

二次加工 肉盛り性 電導性 高周波特性 低接触抵抗 熱伝導性 ハンダ付け性 ボンディング性 接着性 抗菌性

… 優、…良、…可

特徴

銅は熱伝導性、電気伝導性が高く、展延性に優れる金属であり、また、柔らかく、研磨しやすいため主には下地めっきとして利用されます。
特有の赤みの色調を有しており、鉄鋼や銅合金、亜鉛ダイカスト、プラスチック、セラミックスなどの様々な素材に装飾用、機能用として幅広く利用されています。しかし、銅は酸素を含んだ水に侵食されやすく、亜酸化銅として腐食するため、装飾目的では銅単独で利用されることは殆どなく、ニッケルあるいはニッケル+クロムめっきの下地めっきとして利用されてきました。
一方、電気伝導性及び均一電着性の特性を活かし、プリント配線板や、さらに加工性、経済性等の特性を活かした精密電子部品、印刷ロール、浸炭防止用に広く利用されています。

対応ライン

  • バレル
  • ラック
TOP