営業品目

BUSINESS

錫めっき

毒性が低く食器や缶類にも安心して利用できるめっき加工処理です。

用途

精密機器部品、端子、コネクター部品、装飾器具、パイプ内面、缶類、食器

特性

装飾 防錆 低摩擦係数 二次加工性 電導性 ハンダ付け性 接着性 耐薬品性

… 優、…良、…可

特徴

銀に似た白色金属光沢色で、美しい色調です。大気中において生成する薄い酸化皮膜が安定しているため、耐食性に優れています。錫は他の金属に比べ毒性が低く有機酸にも強い性質から安全性の高いめっきとして食器や、缶類にも利用されてきました。
めっき金属において錫の融点は231.9℃と一番低くハンダ付性にも優れておりハンダ付部品のめっきとしても適しています。
また、銅板に錫めっき加工をしたものは「ブリキ」と呼ばれ、かつては玩具の主要な材料として利用されていました。

対応ライン

  • バレル
  • ラック
TOP